繒♪

chilinh.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 24日

「やもり」

f0152512_23155661.jpg


                                   蔵原伸二郎


          月のかすかなおぼろ夜に
          山の庭でやもりはかえでの木に登って鳴いている
          小さいがをとらえて食おうとして
          だんだんこずえのほうへぼっていく
          がが飛びたつとやもりはがっかりして
          こどもがするように
          小さなえだを前後にゆるがして
          チー チー泣いてしまった
[PR]

# by chilin-h | 2008-02-24 21:52 | 蔵原伸二郎
2008年 02月 22日

春うらら ♯2

f0152512_2214675.jpg

[PR]

# by chilin-h | 2008-02-22 22:02
2008年 02月 21日

春うらら

f0152512_223124100.jpg

[PR]

# by chilin-h | 2008-02-21 22:32
2008年 02月 19日

「願い」

f0152512_2340663.jpg


                                           佐藤春夫


                  大ざっぱ無意味で
                  その場かぎりで
                  しかしほんとうの
                  とびっきりにほんとうの歌をひとつ
                  いつか書きたい。
                  神さまが雲をおつくりになされた気持ちが
                  いまわかる。


                  おっかさんが
                  あのとき うたってきかせたあの
                  子守り歌を
                  そっくりそのまま思い出したい。
                  その歌は きけば
                  おっかさんももう知らない
                  どうもでたらめにうたったらしい。
                  どうかして生涯にうたいたい。
                  空気のような歌を一つ。 ・・・・
                  自由でめだたずに
                  人のあるかぎりあり
                  いきなり肺腑にながれこんで
                  むだだけはすぐはき出せる
                  そういう歌をどうかして一つ・・・・
[PR]

# by chilin-h | 2008-02-19 23:41 | 佐藤春夫
2008年 02月 16日

さようなら

f0152512_2313249.jpg

[PR]

# by chilin-h | 2008-02-16 23:14
2008年 02月 15日

「菜畑」

f0152512_2323344.jpg


                                          野長瀬正夫


             少年は
             道でおよめさんの行列にあった
             およめさんは十九だよと人がうわさしている
             少年は
             ふと、姉のことをかんがえた
             姉はことし二十五
             少年は石ころをけりながら家にかえった

             姉はうらの菜畑で
             菜の葉についた虫をとっていた
             ―― ねえさん
             姉はならびのよい歯をのぞかせて
             にこっとわらった
             ―― なあに・・・・どうしたのよ

             少年は
             べつにいうことがなかったので
             ぼくも虫をとってやろうと
             姉とならんで畑にしゃがんだ
             きょうは
             紀州の山がよく見える
[PR]

# by chilin-h | 2008-02-15 23:24 | 野長瀬正夫
2008年 02月 14日

「病気」

f0152512_23412635.jpg


                                      野長瀬正夫


                  少年は 母にせがんで
                  とこを天まどの下にうつしてもらった

                  ある日、少年は
                  天まどのガラスに
                  白いものがちらちらふってくるのを見た
                  ――― おかあさん、雪ですか。
                  母は さくらの花ですよと答えた

                  ――― なあんだ、さくらの花か。
                  少年は きゅうに
                  りんごをサクサクたべてみたくなった
                  ――― あいよ。りんりんりんごをたべるのかい。
                  母は めずらしくおどけながら
                  赤いりんごを盆にのせてきた
                  すべすべしたりんごの皮が
                  じょうずにつながってむかれていくのをながめながら
                  少年は あまえてこういった
                  ―――おかあさん、ぼく、もうじき起きられるよ
[PR]

# by chilin-h | 2008-02-14 23:43 | 野長瀬正夫
2008年 02月 13日

「船乗りの母」

f0152512_062512.jpg


 
                                          佐藤惣之助


            むすこは青い地球の玉を
            二度も三度もまわってきた
            ざくろ色の日のさす横のほうの海原にいたり
            真下の異国の港にいたり
            赤道の帯をいくどもまたいできた

            しかし母はいなかにいて
            すいかずらや野いばらでこんがらがった
            かきねの内へにわとりを追いこみながら
            一日ぼろをぬっている

            世界は大きい
            地球も大きい
            むすこは地球をとぶ木ぐつをもっている
            しかしどこへもいかない母親は
            世界のいなかをめんどりのようにだいている
[PR]

# by chilin-h | 2008-02-13 00:07 | 佐藤惣之助
2008年 02月 11日

「ラッシュアワー」

f0152512_2253566.jpg


                                       北川冬彦


                改札口で
 
                指がきっぷといっしょに切られた。
[PR]

# by chilin-h | 2008-02-11 22:55 | 北川冬彦
2008年 02月 09日

「楽器」


f0152512_2328022.jpg

[PR]

# by chilin-h | 2008-02-09 23:28 | 北川冬彦
2008年 02月 08日

トワイライトゾーン

f0152512_23353840.jpg

[PR]

# by chilin-h | 2008-02-08 23:37
2008年 02月 07日

中洲

f0152512_21563563.jpg

[PR]

# by chilin-h | 2008-02-07 22:03
2008年 02月 05日

「こぶし」


f0152512_2250761.jpg
                    石川啄木



   おのれより富める友にさげすまれて、
   あるいはおのれより強い友にあざけられて、
   くわっといかってこぶしをふり上げたとき、
   いからない心が、
   罪人のようにおとなしく、
   そのいかった心のかたすみに
   目をぱちぱちしてうずくまっているのを見つけた 
   ――  たよりなさ。
   ああ、そのたよりなさ。
   やり場にこまるこぶしをもて、
   おまえは
   だれを打つか。
   友をか、おのれをか、
   それともまた罪のないかたわらの柱をか。
[PR]

# by chilin-h | 2008-02-05 22:53 | 石川啄木
2008年 02月 02日

「同じく」

f0152512_02311.jpg

[PR]

# by chilin-h | 2008-02-02 00:03 | 山村暮鳥
2008年 01月 29日

「母の声」


f0152512_1230253.jpg

                                      
                                     堀口大学


                         
                     母よ、
                     ぼくはたずねる、
                     あなたが世にあられた最後の日、
                     おさないぼくをよばれたであろうその最後の声を。

                     三半規管よ、
                     耳のおくに住む巻き貝よ、
                     母のいまわの、その声をかえせ。
[PR]

# by chilin-h | 2008-01-29 12:37 | 堀口大学