繒♪

chilinh.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 15日

「菜畑」

f0152512_2323344.jpg


                                          野長瀬正夫


             少年は
             道でおよめさんの行列にあった
             およめさんは十九だよと人がうわさしている
             少年は
             ふと、姉のことをかんがえた
             姉はことし二十五
             少年は石ころをけりながら家にかえった

             姉はうらの菜畑で
             菜の葉についた虫をとっていた
             ―― ねえさん
             姉はならびのよい歯をのぞかせて
             にこっとわらった
             ―― なあに・・・・どうしたのよ

             少年は
             べつにいうことがなかったので
             ぼくも虫をとってやろうと
             姉とならんで畑にしゃがんだ
             きょうは
             紀州の山がよく見える
[PR]

by chilin-h | 2008-02-15 23:24 | 野長瀬正夫


<< さようなら      「病気」 >>